豊かに暮らそう!

生きづらさを感じてる人のための豊かになる方法

「言わなくてもわかってくれる」なんてことはない。

こんにちは!旅するセラピストです。

 

 

 

 

皆さんはコミュニケーションが得意ですか?

 

 

 

 

私は小学生の頃の先生に、何か相手に対して不満や思うことがあるなら

話し合うということを徹底的にさせられました。

 

 

 

 

 

そして、海外にでることも多かったので、

思ったことを伝えるということは、習慣のようなものでした。

 

 

 

 

ニュージーランドで住み込みで働いていた時も、

ニュージーランド人の同世代の女性オーナーとケンカしましたが、

話し合って、最後には、私のベッドに手紙が置いてありました。

 

 

 

 

嬉しかったです。思ってることを素直に書いていてくれて。

今でも大切に保管してあります。

 

 

 

 

そして最後にはハグして仲直り。

 

 

 

 

なので、私にとっては

「ケンカしても話し合って、仲直りしてお互いを理解しあう」

ということは、当たり前のコミュニケーションになっています。

 

 

 

 

日本には「阿吽の呼吸」なんて言葉もあります。

これは言葉にしなくても、お互いの気持ちを汲み取りながら行動し、

ぴったりと息が合ってる様子を表す言葉です。

 

 

 

 

こういう文化からなのか、日本人は

「自分の気持ちを言わなくてもわかってよ!」

という人が多いように感じます。

 

 

 

 

以前、喧嘩別れした友人がいますが、

「人の気持ちを汲まず・・・」

なんて言われたことがありました。

 

 

 

 

正直

「え?」

という感じでした。

 

 

 

 

嫌ならば嫌だといえばよかったし、

何か思うことがあるなら伝えてくれれば、

理解しようと努力できました。

 

 

 

 

その後、理解したくて、

コミュニケーションをとろうとしましたが、

音信不通になりました。

 

 

 

 

 

理解するチャンスすら与えてもらえませんでした。

 

 

 

 

 

言わなくてもわかるなんてことはないんです。

 

 

 

 

海外に行けば文化が違うので、

言わなくては絶対にわかりません。

 

 

 

 

ですが、これは日本にいても同じことです。

 

 

 

 

家族同士ですら考え方も違う。

 

 

 

 

それを他人に

「言わなくてもわかってよ!」というのは

傲慢です。

 

 

 

 

 

 

あなたはちゃんと伝えていますか?

 

 

 

 

わかってほしいと思うなら、まずはあなたから伝えてみましょう。

 

 

 

 

伝えて切れてしまう縁ならば、それまでの縁だったのです。

 

 

 

 

本当にあなたのことを大切に思っている相手なら、

簡単に縁が切れることはありません。

 

 

 

 

むしろ、さらに仲良くなれるはず。

 

 

 

 

あなたの気持ち、伝えてみてくださいね。