豊かに暮らそう!

生きづらさを感じてる人のための豊かになる方法

節約で生活を豊かに!元電力営業がおすすめする新電力とは?【東京電力エリア・一般家庭向け】

こんにちは!旅するセラピストです。

 

 

 

実は私、某会社で新電力の営業をしていました。

 

 

 

その某会社は法人向けでしたので、ここでは紹介しませんが、

どこが安い・どこが安心できるなど

そういったことは知識が増えたと思います。

 

 

 

 

なので、せっかく得た知識ですので、

皆さんに提供できたらと思います。

 

 

 

 

新電力に変えたらいろいろ不安だと思う方もいるかもしれませんが、

電線や電柱はそのエリアの電力会社のものです。

(東京なら東京電力

 

 

 

 

新電力の会社はその設備をお借りして電気を流す形になります。

 

 

 

 

当然、そのエリア一帯が停電になれば電力会社がどこだとかは

一切関係ありません。そのエリア一帯が停電します。

 

 

 

 

簡単に考えると、電力会社の名前が変わって料金も安くなるというだけです。

特に何か設備を増やしたりとか、そういったことはありません。

 

 

 

 

電気も各会社、いろんな方法で調達しています。

 

 

 

 

ただ、一つ皆さんが不安を感じているのは

「市場連動型」というプランの新電力ではないでしょうか。

 

 

 

 

こちらは今、ニュースでも報道されていたりと、

皆さんもご存じかもしれませんが、価格が高騰し、

10倍くらいにはねあがっているところもあるようです。

 

 

 

 

そういった会社はここではお勧めしませんので

安心してください。

 

 

 

 

 

 では、

 

東京電力エリアで

従量電灯B・40A以上をお使いの方に

おススメなのは・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

「あしたでんき」 です!

 

 

 

 

あしたでんきって?

どんな会社がやってるの?

 

 

 

 

そう不安に感じる方もいるかもしれませんが、

あしたでんきは東京電力ホールディングスが立ち上げたベンチャー企業

TRENDE株式会社が運営しています。

東京電力グループが培ってきた電力サービスのノウハウを活かして運営してますし、

電気のプロが立ち上げてる会社ですのでとても安心だと思います。

 

 

 

 

 

 

そしてもう一つのおススメの理由は安さです。

あした電気の料金は東京電力エリアで1,2を争う安さです。

 

 

 

 

従来の東京電力の電気代の内訳には

基本料金や従量料金という内訳があるかと思います。

 

 

 

 

まず基本料金はアンペアごとに違います。

 

 

 

 

東京電力の基本料金は

40A  1,144円

50A  1,430円

60A  1,716円

 

ですが、

 

あしたでんきの基本料金は

0円!

 

 

 

 

 

そして東京電力の従量料金は

0~120kwh    19.88円

121~300kwh  26.48円

300kwh~     30.57円

 

という3段階の構成になっていますが、

 

 

あしたでんきはどれだけ使っても、

26円(1kwhあたり)

 

 

これはとても安いです。

 

さらに1か月700kwh以上お使いの方には

たっぷりプランというプランもあり、

基本料金3000円、従量料金21.5円(1kwhあたり)という

プランもあります。

 

 

 

1か月700wh以上お使いでしたら

たっぷりプランのほうがさらにお安くなります。

 

 

 

 

そしてどちらのプランも 解約手数料も0円

 

 

 

 

 

デメリットとしてはクレジットカードのみの支払いになりますので、

クレジットカードをお持ちでない方は契約できないということです。

また、オール電化のプランや従量電灯Cのプランはありません。

 

 

オール電化の方や従量電灯Cをお使いの方には

LOOPでんきをおススメします。

太陽光パネルを設置しているご家庭はさらにお安くなるので、

あしたでんきよりも安くなります。

 

 

 

 

 

 

まずは料金シュミレーションをしてみてはいかがでしょうか?

年間でかなり安くなってくるかと思います。

どれくらい安くなるか楽しみですね♪

 

 

 

節約できた分は何に使いますか?

楽しく想像してみてくださいね。

 

 

 

 料金シュミレーションはこちら ↓