豊かに暮らそう!

生きづらさを感じてる人のための豊かになる方法

幸せは追い求めるものではなく、そこにあるもの

皆さんは「幸せ」について考えたことがありますか?

 

 

 

私はずっと自分にないものを追い求めて、

それが手に入ったら幸せだとばかり思っていました。

 

 

 

でも、これは危険な考え方だということに気が付きました。

 

 

 

 

例えば、キャリアを追い求めていたとします。

念願かなって手に入れたときは嬉しいでしょう。

ですが、もしその会社が倒産などしてなくなってしまえば

そのキャリアは全く価値のないものになってしまいます。

 

 

 

 

何かがあるから「幸せ」と考えるのならば、

それがないと「不幸せ」ということになるわけです。

 

 

 

 

やっと私は気が付きました。

 

 

 

 

そのままの自分で「幸せ」なんだということを。

 

 

 

 

私は Crystal Kay さんの「幸せって。」という曲が大好きです。

 

 

 

 

すごくポジティブな気持ちにさせてくれる曲なので、

聴いてみてください。

 

 

 

 

歌詞に

 

「幸せは競うモノじゃなくて

 幸せに正しいはないから。

 気づいてね 微笑んでいる時間

 探しモノは そこにあるから」 

 

ってあるんですけど、本当にそう。

 

 

 

 

 

 

幸せは競うモノでもなく、

幸せはそこにあるもの なんです。

 

身体の不調は、心の悲鳴。絶対に無視しちゃダメ!

あなたは身体が丈夫ですか?

 

 

 

丈夫な方でも、ストレスがかかると、体に不調がでたりすることがあるかと思います。

 

 

 

私はあまり丈夫なほうではないですが、

身体が不調になる時には必ずと言っていいほど

そこには気づかなくてはいけないことがありました。

 

 

 

一時、片耳が難聴になったことがあります。

健康診断で音が聞こえてないことに気が付きましたが、

原因は不明でした。

 

 

 

でも、その時の職場で、ずっと悪口などネガティブなことばかり話してる人が

いたんですね。

 

 

 

正直、聞きたくない!と思っていました。

 

 

 

難聴になったのは、片耳を無意識にふさいでいたからではないかと思います。

 

 

 

その人が異動になり、難聴も治りました。

 

 

 

また、他の職場では

ものすごく波動が低く、意地悪ばかりの人がいました。

 

 

 

この人とは合わないと思っていました。

 

 

 

すると、原因不明のアレルギーで肌がかゆい日々が続きました。

 

 

 

ことわざにある通り「肌にあわない」のです。

 

 

 

私はすぐ退職することを決意し、するとアレルギーも治りました。

 

 

 

あなたの身体は何かメッセージを送っていませんか?

 

 

 

絶対に無視しないでください。

それはあなたの心の悲鳴なのだから。

貧乏だから忙しいのではなく、忙しいから貧しくなる

よく「貧乏暇なし」などと言ったりしますが、この意味は、

貧乏をしていると生活に追われて朝から晩まで働かなければならず、

ほかのことをする余裕がないということだそうです。

 

 

 

確かにそうなのですが、私は逆だと思います。

 

 

 

忙しいから貧乏になる。

 

 

 

「忙しい」という感じは、その字のごとく、

心を亡くすと書きます。

 

 

 

余裕がないから、心も貧しくなる。

 

 

 

ストレスだらけになり、

自分を満たしてあげるためにお金を使う。

 

 

 

たばこ、お酒、コーヒー、美味しい食べ物、マッサージ、旅行 など

そういったものに費やしてしまう。

 

 

 

そして余裕がなく、心も貧しいから、人に優しくできない。

 

 

 

結果、自分のしたことは自分に返ってくる。

 

 

 

心が貧しい人は、もらうことしか考えなくなります。

 

 

 

でも、この世は与えたものが返ってくる世界なんです。

 

 

 

嫌なことをすれば嫌なことが返ってくる。

 

 

 

負の連鎖が続くわけです。

 

 

 

では、豊かになるにはどうしたらいいのでしょう?

 

 

 

豊かな人ってどんな感じですか?

 

 

 

ゆとりがありますよね。

 

 

 

まずは心のゆとりだと思います。

 

 

 

なぜならお金のゆとりを生むよりも、

心のゆとりのほうがすぐできることだからです。

 

 

 

そうは言ったって生活が・・・

と思うかもしれません。

 

 

 

ですが、ゆっくりすることで、ストレスもなくなり、

余計な浪費もなくなります。

 

 

 

そして、自分にとって本当に必要なものにしかお金を使わなくなります。

 

 

 

必要のない交際費、体に悪いもの、

そんなものは本来あなたには必要のないものです。

 

 

 

生活がシンプルになります。

 

 

 

そして少しずつ余裕ができることで人に優しくできます。

 

 

 

与えたものは受け取るもの。

 

 

 

あなたが人に優しくした分、どこからか返ってくるでしょう。

 

 

 

そしてあなたが笑顔になり、まわりも笑顔になる。

 

 

 

そして笑顔になった誰かがまた他の人を笑顔にする。

 

 

 

幸せの連鎖です。

 

 

 

あなたが幸せでいることがみんなにとっての幸せ。

 

 

 

お金はその後についてくるもの。

 

 

心を亡くした生活を送るのではなく、

まずはゆっくり過ごすことから始めてみませんか?

 

違和感を無視しない

あなたは初めて会った人に違和感を感じたことをありますか?

 

 

 

もしあるのなら、その違和感を無視してそのまま人間関係を続けましたか?

 

 

 

そのまま続けた場合、きっとその人とはうまが合わなかった事でしょう。

 

 

 

あなたの直感は正しいんです。

 

 

 

直感はあなたの無意識からのメッセージ。

 

 

 

人のにおいも不快に感じる場合は、だいたい相性悪いと思います。

 

 

 

これは動物的な本能だと思います。

 

 

 

私は直感を無視して、その場に居続けたり、

人間関係を続けて、嫌な思いをさせられたことが多々あります。

 

 

 

すごく傷つけられたこともあります。

 

 

 

後になって思うことは、自分の直感を信じればよかったということ。

 

 

 

あなたも違和感を感じるのなら、

その違和感を無視せず直感を信じてください。

 

 

 

それはあなたの無意識からのメッセージなのだから。

闇があるから、光を感じられる

今、ずっとつらい日々を過ごしているあなた。

 

 

ずっと闇の中にいるように感じ、

いつこの暗闇のトンネルから出られるのだろう?と

感じることもあると思います。

 

 

 

私も今まで生きてきて辛い時期がたくさんありました。

 

 

 

辛い時期が長すぎて、何も感じなくなってきたこともあります。

 

 

 

でもね、その辛い時期は永遠に続かないから安心してください。

 

 

 

そして、必ず意味があります。

 

 

 

それは後になってみないとわからないことですが、

辛いことがあったからこそ、

その後に起こる小さな幸せにも心から感謝できるようになる。

 

 

 

私自身がそうでした。

 

 

 

家族崩壊しそうな時もありました。

 

 

 

死んでしまいたいと思ったこともあった。

 

 

 

でも、その辛い時期があったからこそ、

そばにいてくれる人から自分に向けられている愛や優しさ、

小さなことで幸せを感じられる喜びなど、

いろんなことに気づくことができました。

 

 

 

 

闇があるから光を感じることができた。

 

 

 

闇と光ってセットなんです。

 

 

 

片方だけでは存在できない。

 

 

 

だから今が辛いあなた。

 

 

 

安心してね。

だって、それは幸せの前兆だから。

 

 

 

 

あなたの価値がわからない人・場所からは離れよう!

あなたは今の場所で正当に評価されていますか?

 

 

 

すごく認められていて、居心地がいい方は

そのままでいいと思います。

 

 

 

ですが、

頑張っているのに評価されない。

 

 

いじめにあっている。

 

 

彼が急に音信不通になった。など。

 

 

 

理不尽な思いをしていませんでしょうか?

 

 

 

私の甥っ子は中学でいじめにあっていました。

 

 

 

サッカーが強いところでサッカーをしていましたが、

その仲間からいじめにあっていました。

 

 

 

寮生活だったので、家族は近くにいません。

 

 

 

本当に苦しかったと思います。

ですが3年間通いました。

 

 

 

そのまま高校でもその仲間とともに過ごしていく予定だったのですが、

彼は決断し、違うところでサッカーを続ける選択をしました。

 

 

 

すると、高校で仲間となる子たちとの初顔合わせで、

「〇〇でサッカーやってた」と言うと、みんなから

「すげー!」と声が上がったそうです。

 

 

 

今まではそんな風に言ってもらうこともなかったでしょう。

 

 

 

いじめられてた子を逆に助けた時でさえ、

甥っ子は罰を与えられました。

 

 

 

だから、そんな理不尽な扱いを受けていたところから離れる選択をした甥っ子を

私は褒めたい。

 

 

 

だって、そんなに我慢してまでそこに居続ける理由はないからです。

 

 

 

我慢はもうたくさんしたことでしょう。

 

 

 

だから、今度は楽しむ番。

 

 

 

これからの高校3年間を楽しんでもらいたいなと思います。

 

 

 

そして自分の価値をわかってくれる人たちと大切な時間を過ごしてもらいたい。

 

 

 

正当な評価を受けよう。

 

 

 

あなたは我慢ばかりの人生になっていませんか?

 

 

 

あなたは幸せになるために生まれてきたんです。

 

 

 

自分を大切にしてくれないような人・場所に

無駄な時間をずっと使い続けますか?

 

 

 

今までのことは真実ではありません。

 

 

 

あなたはいるだけで素晴らしい存在なんです。

 

 

 

それが真実です。

 

 

 

それでもあなたはまだ我慢を続けますか?

 

 

あなたが悪いのではない。縁がなかった、ただそれだけ

あなたは今、自分を責めていませんか?

 

 

 

あの時こうしていれば・・・

 

私がこんなことしなければよかった・・・など。

 

 

 

失恋をした、

友人との縁が切れた、

会社をすぐ辞めてしまった、

 

 

 

それらはすべてあなたのせいではありません!

 

 

 

 

それは、「縁がなかった

 

ただそれだけです。

 

 

 

時間を無駄にせずに済んだのです。

 

 

 

会社を例にしてみましょう。

 

 

 

あなたは会社の環境が劣悪で、

病んでしまいそうなくらい、精神がまいっていました。

 

 

 

このままでは病んでしまうから会社を辞めることを決意したあなたは、

入社3か月で退職しました。

 

 

 

いろいろ教えてもらったのに、だめだなあ私。

 

 

 

そんな風に思わないでください。

 

 

 

あなたが悪いのではありません。

 

 

 

そこはあなたの居場所ではなかった。

 

 

 

そのまま居続けたら病んでいたかもしれません。

 

 

 

辞めて正解です。

 

 

 

楽しくない場所に居続けても、時間の無駄です。

 

 

 

あなたは賢い選択をしたのです。

 

 

 

だから自分をだめだとか責めないでくださいね。

 

 

 

あなたは素晴らしいのだから。

 

 

 

あなたが悪いのではないのです。

「縁がなかった」 ただそれだけなのです。