Just be yourself!

豊かに暮らそう!~生きづらさを感じてる人のための豊かになる方法~

叱られるのも「愛」

f:id:travel-healer:20210913112212j:plain

こんにちは!旅するセラピストです。

 

 

 

 

先日、小学生の姪に、

「バスケのコーチが私と〇〇ちゃんにばかり怒るから嫌だ」

という話をしてきました。

 

 

 

 

確かに自分ばかり叱られていたら、嫌になると思います。

 

 

 

 

でも、私は姪に

「どうでもいいと思っている子には叱ったりしないよ。

 期待されているから叱られるんだよ。」

と伝えました。

 

 

 

 

まだ小学校4年生の姪には理解できなかったようですが、

他の人にも私と同じことを言われたと言っていました。

 

 

 

 

自分に部下や後輩がいるとします。

あなただったらどうでしょう?

 

 

 

 

どうでもいいと思っている相手に対しては

注意したりなんかしないはずです。

 

 

 

 

どうでもいいと思っている相手にエネルギーを使うこと自体無駄ですよね。

 

 

 

 

 

叱ってくれるというのは本当に有難いことだと思います。

 

 

 

 

私も若い頃は遅刻癖もあったり、金髪にして出社したり、

二日酔いのまま出社してしまったり。。。

 

 

 

 

今考えると本当に恥ずかしいです。

 

 

 

 

でも、私には注意してくれる上司がいました。

 

 

 

 

その時は

「うるさいなぁ」

と思うこともありました。

 

 

 

 

でも、あの時注意されていたから、

悪い癖はちゃんと直し、社会人として成長できました。

 

 

 

 

 

中年になって思うことは、今の私があるのは、

叱ってくれる人がいたからだと思います。

 

 

 

 

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

 

 

褒めることと違って、叱るって大変ですよね。

 

 

 

 

エネルギーを使いますし、下手したら相手との関係性もこじれるかもしれない。

 

 

 

 

そのリスクを冒してでも叱ってくれるわけです。

 

 

 

 

本当に有難いと思います。

 

 

 

 

最近の子供たちは叱られることが少なくなったせいで、

モラルが低下しているように感じます。

 

 

 

 

迷惑Youtuberなんかがいい例ですね。

 

 

 

 

私も短期の仕事で7人ほどチームに人が加わりましたが、

他のチームからメンバーに対しての指摘があったので、

それをメンバーに伝えると、逆ギレしてくる人や、ふてくされる人間もいました。

 

 

 

 

逆ギレされたときはビックリしましたね。

 

 

 

 

仕事なのだから、ちゃんとやるのは当たり前です。

 

 

 

 

それをできていない人間が注意されて逆ギレするなんて、

私には信じられませんでした。

 

 

 

 

ですが、もうこの人に言っても無駄だから、言うのはやめようとさじを投げました。

 

 

 

 

愛の反対は「無関心」なんです。

 

 

 

 

なんともったいないことでしょう。

 

 

 

 

成長できるチャンス・成長させてくれる人がいたのにも関わらず、

仕事ができてない人間がみずからそのチャンスを棒に振ったわけです。

 

 

 

 

その人はきっとその後も、

自分で気づかない限り、成長することはないでしょう。

 

 

 

 

 

叱ってくれるのも「愛」なんです。

 

 

 

 

 

嫌なことばかり続いて

「なんで私ばかりがこんな目に・・・」

と思うこともあるかもしれません。

 

 

 

 

でも、それも神様からの「愛」なんです。

 

 

 

 

そこに気づきましょう。

 

 

 

 

辛いことが起きるのは、あなたに何か気づいてほしいから。

 

 

 

 

あなたはとても愛されているんです。

 

 

 

今のつらい状況は、

あなたに良くなってほしくて、

周りの人や目に見えない存在を含め、

いろんな人がメッセージをくれている

ただ、それだけなんです。

 

愛情表現の方法は人それぞれ

f:id:travel-healer:20210907133205j:plain

こんにちは!旅するセラピストです。

 

 

 

 

あなたは大切な人にどんな愛情表現をしていますか?

 

 

 

 

私は放任主義の両親の影響もあり、

本人の自由にさせてあげることが愛情だと思ってるところがあります。

 

 

 

 

なので過干渉の親の元で育った人から見ると、

私が干渉してこないので、興味がないのだと思われやすいです。

 

 

 

 

興味がないのではなく、むしろ大切だから、

本人の自由意思を尊重してあげているのですが。

 

 

 

 

ですが、私も母親から愛されていないと思っていた時期がありました。

 

 

 

 

私の母親は放任主義でした。ですが褒めることは全くなかった。

叱ることもなかったですが。

 

 

 

 

私の目には「無関心」のように見えていたのです。

 

 

 

 

なので、私は愛されていないとずっと思っていました。

 

 

 

 

でも、そうではなかった。

 

 

 

 

大人になって気づいたことは、母の愛情表現の方法は

モノやお金で与えることだったということに気が付きました。

 

 

 

 

母の友人が離婚で困っていた時もお金を渡していたり、

私がやりたいことのためには反対することもなくお金を貸してくれたり。

 

 

 

 

母が金銭的に苦しかった時でも、私にいろいろ与えてくれようとしていました。

 

 

 

 

その時初めて、「あぁ、私は愛されていたんだ」と気づきました。

 

 

 

 

自分がしてほしかった表現方法ではなかったかもしれないけど、

でも愛されていた。

 

 

 

 

気づいたときは涙が止まりませんでした。

 

 

 

 

まだ母が健在の間に気づけてよかったです。

 

 

 

 

あなたはどうですか?

 

 

 

 

大切な人から愛されていないと感じることはありますか?

 

 

 

 

それはもしかしたら、

あなたが欲しいと思っている表現方法ではないだけかもしれません。

 

 

 

 

もう一度、その人の表現方法をちゃんと見てあげて。

 

 

 

 

あなたは愛されていたということに気が付くはずです。

 

 

 

 

愛情表現の方法は人それぞれなのだから。。。

 

 

 

 

 

「障害」と思った時点でそれは「障害」に変わる

f:id:travel-healer:20210906115111j:plain

こんにちは!旅するセラピストです。

 

 

 

 

昨日、東京パラリンピックの閉会式が行われましたね。

 

 

 

 

 

13日間にわたり開催されたパラリンピック

 

 

 

 

今回のパラリンピックはコロナ禍ということもあり、

外出できなかったり、無観客だったこともあって

TVで観られる機会が多かったのではないかと思います。

 

 

 

 

みなさんもTVで観て何か感じるものがあったと思います。

 

 

 

 

私は今回、いろんな国、人の試合を観ていて感じたことがあります。

 

 

 

 

みんな、いろんな障害をもってました。

 

 

 

 

目が見えない、耳が聞こえない、足が不自由、手が不自由・・・・

 

 

 

 

いろんな方がいたかと思います。

 

 

 

 

でも、フィジカル的に動かすことができない部位があったとしても、

一般の健常者よりも運動能力が優れていました。

 

 

 

 

私はあんな風にマラソンできないし、泳ぐこともできないと思いました。

 

 

 

 

相当な努力をしてきたんだと思います。

 

 

 

 

本当に尊敬しますね。

 

 

 

 

私はマラソンが大嫌いで、今でも全くやりたいと思えません。

短距離は早かったのですが、長距離が苦手でした。

 

 

 

 

さいころ、ずっと自分は長距離は走れない、足も遅いと思ってました。

いつもビリのほうでしたし(笑)

 

 

 

小学校5年生の時、

今回のマラソン大会は頑張ってみようとなぜか急にやる気になった時がありました。

 

 

 

 

するとなんと、いつもビリのほうだった私が60人中上位10位に入ったんです!

 

 

 

 

あの時はびっくりしました。

 

 

 

 

自分でもやればできるんだと。

 

 

 

 

最初からは私は「できない」と思い込んでいたんです。

 

 

 

 

やればできたのに。

 

 

 

 

今回のパラリンピックを観ていてそのことを思い出しました。

 

 

 

 

フィジカル的に動かない部分があったとしても、

本人がそれを「障害」と思っていなければ、「障害」でもなんでもない。

 

 

 

 

目が見えなかったとしても、ガイドしてくれる人がいる。

 

 

 

 

足が動かなかったとしても、車いすもあり、サポートしてくれる人もいる。

 

 

 

 

できないことがあったとしても、ほかの人のサポートがあればできる。

 

 

 

 

道具を使えばできる。

 

 

 

 

これは健常者にだって同じことが言えます。

 

 

 

 

何かネガティブなことが自信の身に起きていたとしても

捉え方次第で、それは障害でもなんでもなくなるということ。

 

 

 

 

例えばお金がないという状況だとします。

 

 

 

 

でも、その後自分で工夫してなんとかお金を作り出すことができている。

 

 

 

 

そしていろんな人に助けてもらったり。

 

 

 

 

そうすることで感謝の気持ちがあふれてくる。

 

 

 

 

お金がない状況になったことで、自分でお金を稼ぐ力が付き、

人の優しさのありがたさに気づくことができた。

 

 

 

 

お金がない!という状況になった時は、

生きる上での障害だと感じた出来事だと思います。

 

 

 

 

だけど、その後はどうでしょう?

それは障害なんでしょうか?

 

 

 

 

私は違うと思います。

 

 

 

 

苦しい状況だったとしても、

自分自身の捉え方次第でそれは障害でもなんでもないということです。

 

 

 

 

あるのは「お金がない」という事実だけなんですね。

 

 

 

 

これはフィジカルに不自由な部分がある方々にも

同じことが言えると思います。

 

 

 

 

そこにあるのは事実だけ。

 

 

 

 

それを自分がどう捉えるかで「障害」ではなくなるのです。

 

 

 

 

あなたはどうですか?

 

 

 

 

もし悩んでることがあれば、一度考えてみてください。

 

 

 

 

あなたの捉え方次第で

それは「悩み」ではなくなるはずだから。

 

傷ついてボロボロになった人にしてほしいこと④

こんにちは!旅するセラピストです。

 

 

 

 

先日、

「傷ついてボロボロになった人にしてほしいこと③ 」 

を書きましたが、皆さん読んでいただけましたでしょうか?

 

 

 

 

まだ読んでない方はこちらからご覧ください。

travel-healing.com

 

 

 

 

 

 

掃除もして、人間関係の断捨離もし、

あなたはかなりスッキリしてきているはずです。

 

 

 

 

 

 

もっとスッキリさせるためにあなたにしてほしいことは

「感情の浄化」

です。

 

 

 

 

 

 

感情の浄化って何?と思う方もいると思うので、

簡単に説明させて頂きますね。

 

 

 

 

 

 

ここまであなたの心と身体がボロボロになるまでに

いろんな感情が沸き上がったことと思います。

 

 

 

 

 

怒り、苦しみ、悲しみ、寂しさ・・・

 

 

 

 

 

いろんな感情が沸き上がったことでしょう。

 

 

 

 

 

ようやくその辛い状況から立ち去ることができたあなた。

 

 

 

 

 

心も身体も少しずつ回復してきていることと思います。

 

 

 

 

 

不要になった物や、人間関係も断捨離しスッキリしてきましたね。

 

 

 

 

 

ようやく心と向き合えるようになったあなた。

 

 

 

 

 

その時に感じた感情を感じ切って、捨ててしまいましょう!

 

 

 

 

 

感じ切るってどうするの?

 

 

 

 

 

その時のことを思い出して、出てきた怒り、悲しみなどを

紙に書いてみましょう!

 

 

 

 

 

 

ひたすら書いてください。

 

 

 

 

 

ものすごく怒りが沸き上がってくるかもしれないし、

悲しみが込み上げてくるかもしれません。

 

 

 

 

辛い気持ちを思い出すので、途中でやめたくなるかもしれませんが、

そのまま感情を感じ切り、ひたすら紙に書いてください。

 

 

 

 

 

泣いてもいい。怒ってもいい。

 

 

 

 

 

どんな感情を出しても構わない。

 

 

 

 

 

人には言えないような気持ちもでてくるかもしれません。

 

 

 

 

 

それでもいいんです。

どんな感情も否定せず、認めてあげて下さい。

 

 

 

 

 

誰かに言うわけではないのです。

 

 

 

 

 

あなたがお腹に溜め込んでしまった気持ちを

吐き出しましょう。

 

 

 

 

 

そして、紙にひたすら書き、もう感情がでてこなくなったら

破り捨てましょう!

 

 

 

 

 

 

ここまでできたら、あなたは相当 心がスッキリするはずです。

 

 

 

 

 

そして、辛い過去の気持ちと向き合えた自分を褒めてあげてくださいね。

 

 

 

 

 

あなたはよく頑張りました!

 

 

 

 

 

紙に書いてもスッキリしないという方におすすめな

感情の浄化の方法は

「映画」です。

 

 

 

 

 

自分が見たいと思う映画やドラマを観てください。

 

 

 

 

 

直感で観たいと思う映画やドラマがおススメです。

 

 

 

 

 

なぜなら、その映画にはあなたに必要な言葉などが出てくる可能性が高いからです。

 

 

 

 

 

私はいつもそうでした。

 

 

 

 

なぜかわからないけど、急にこの映画が観たいと思ったりして

観てみると自分に必要な言葉がでてきて、

号泣したりすることがよくあります。

 

 

 

 

 

直感はあなたに必要なものを必ず与えてくれる。

自分を信じて直感で選んでみてくださいね。

 

 

 

 

 

泣くと感情が浄化されるので、とてもスッキリします。

 

 

 

 

 

たくさん泣いて感情を浄化してしまいましょう。

 

 

 

 

 

いらなくなった感情を手放したあなたに新しく入ってくるものは「喜び」なのだから。

 

 

 

傷ついてボロボロになった人にしてほしいこと③

こんにちは!旅するセラピストです。

 

 

 

 

先日、

「傷ついてボロボロになった人にしてほしいこと② 」 

を書きましたが、皆さん読んでいただけましたでしょうか?

 

 

 

 

まだ読んでない方はこちらからご覧ください。

傷ついてボロボロになった人にしてほしいこと②


 

 

 

 

 

 

読んでいただいた方は実践して頂けてるのかと思います。

 

 

 

 

 

お部屋もスッキリして、気持ちもスッキリしましたか?

 

 

 

 

お部屋が綺麗になると気分も上がり、

少しずつやる気もおきてくるかと思います。

 

 

 

 

 

そのまま、無理しない範囲で、お部屋を綺麗に保ちましょうね。

 

 

 

 

 

 

 

お部屋も綺麗になって、気分も上がってきたあなたにしてほしいことは・・・

「人間関係の断捨離」

です!

 

 

 

 

 

あなたは、あなたを傷つけた人間とこれからも関係を続けていきますか?

 

 

 

 

 

新しいあなたに、もう連絡をとってない人間関係は必要でしょうか?

 

 

 

 

 

考えてみましょう。

 

 

 

 

 

そして、もう自分にとって必要のない人間関係は断捨離してしまいましょう。

 

 

 

 

 

これは縁を切れと言っているわけではありません。

 

 

 

 

 

なぜなら不要な人間関係は勝手に切れていきます。

 

 

 

 

 

でも、スマホの電話帳には連絡先が残ったままですよね?

 

 

 

 

 

もうかけることのない連絡先は消してしまいましょう。

 

 

 

 

 

とても傷つけられた元カレの連絡先は必要ですか?

 

 

 

 

 

いじめてきた相手の連絡先は必要ですか?

 

 

 

 

 

パワハラ・セクハラをしてきた上司や同僚の連絡先は必要ですか?

 

 

 

 

 

 

そんなものはさっさと消してしまいましょう!

あなたにふさわしい人とのご縁が入ってくるように、

必要のない連絡先は消してしまいましょう!

 

 

 

 

 

連絡先を消したとしても、本当にご縁がある相手なら必ずどこかで再び繋がります。

 

 

 

 

 

 

 

人間関係を見直すことで、

「あなたにとって本当に大切な人間はどんな人なのか?」

がわかるはずです。

 

 

 

 

 

あなたにとって大切な人は誰なのでしょう?

どんな人なのでしょう?

 

 

 

 

 

じっくり考えてください。

 

 

 

 

 

あなたの未来にまわりにいる人間をイメージしてみましょうね。

 

 

 

 

 

あなたが心から笑顔になれる人間関係はどんなものなのでしょう?

 

 

 

 

 

イメージできたら忘れないように書き留めておいてください。

 

 

 

 

 

その人間関係こそ、あなたの幸せの一部なのだから。

 

 

 

 

 

 

傷ついてボロボロになった人にしてほしいこと② 

こんにちは!旅するセラピストです。

 

 

 

 

 

先日、

「傷ついてボロボロになった人にしてほしいこと① ~心と身体の健康を取り戻す編~」 を書きましたが、皆さん読んでいただけましたでしょうか?

 

 

 

 

 

まだ読んでない方はこちらからご覧ください。

travel-healing.com

 

 

 

 

 

読んでいただいて、順番に実践して頂いている方は

少しずつ心と身体の健康を取り戻してきているかと思います。

 

 

 

 

 

心と身体が少しずつ健康を取り戻してくると、

少しずつ動く気力と体力がでてくるかと思います。

 

 

 

 

 

そんなあなたにしてほしいことは

「掃除」

です。

 

 

 

 

 

 

心がぐちゃぐちゃの状態だと、部屋もぐちゃぐちゃということが多いです。

 

 

 

 

 

あなたの部屋はどうですか?

 

 

 

 

 

毎日、掃除して捨てるものもないくらい綺麗という方は必要はないかと思います。

 

 

 

 

 

ですが、心もくたくたで掃除する気力もなかった方は

今の自分の部屋を見てどう感じますか?

 

 

 

 

 

部屋を綺麗にしたい!

そう感じたのなら、ぜひ掃除しましょう!

 

 

 

 

なぜ、掃除を勧めるのかというと、

掃除をすると「心もスッキリ」するからです。

 

 

 

 

 

そして、今のあなたに必要のなくなったものは全て処分しましょう。

 

 

 

 

 

例えば、元彼からもらったプレゼント

似合わなくなった服、使うことのなくなった趣味の道具・・・などですね。

 

 

 

 

これから新しい恋をするのに、過去の男からもらったものは、

新しい自分に必要なものなんでしょうか?

 

 

 

 

新しい自分に、似合わなくなった服は必要ですか?

 

 

 

 

新しい自分に、もう興味のなくなった趣味の道具は必要ですか?

 

 

 

 

これからのあなたは新たな自分なんです。

 

 

 

 

過去の自分にはすべて必要だったものかもしれません。

でも、これからのあなたにはもう必要のないものではないでしょうか?

 

 

 

 

たくさんの物を手に抱えていると、持てなくなりますよね?

 

 

 

 

新しい服、新しい彼氏、新しい趣味など、

新しいものがあなたのところにやってきても

あなたがたくさんの物を手に抱えていると、

新しいものを手にすることができません。

 

 

 

 

新しいものがあなたのところにやってこれるように、

スペースを作りましょう。

 

 

 

 

 

無理をする必要はありません。

捨てられない自分を責めたりする必要もありません。

 

 

 

 

少しずつきれいにしていきましょう。

あなたの人生も少しずつスッキリしていきます。

 

 

 

 

そして手放せる状態になったのなら、

不要になったものは手放しましょう。

 

 

 

 

新しい自分にふさわしいものが、あなたのもとへやってこれるように。